株について1から勉強するブログ

理系職サラリーマンの独学経路の記録。先生は本(だいたい図書館)とネット。

読書感想4:会計のことが面白いほどわかる本

いきなり結論

投資家が会計を勉強するには最適。浜松市なら図書館にあります。

カラー版 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>

カラー版 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>

 
カラー版 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>

カラー版 会計のことが面白いほどわかる本<会計基準の理解編>

 

 

続きを読む

会計編2:複式簿記と仕訳

複式簿記をもう少し具体的に

会計編2。前回のエントリ複式簿記の目的を述べたが、今回はもう少し具体的な中身を説明しようと思う。また、基本的には「仕訳は要らない」のだが、最低限知るべき仕訳の考え方がある。今回は、これらを整理したい。

続きを読む

雑談:どこまで勉強したっけかな

会計編2を書いていたら思いの外時間がかかっている(まだ完成してない)ので、休憩がてら雑談でも。

続きを読む

会計編1:会計の基礎

会計って何?

さて、会計編のしょっぱな、である。
会計とは何か。簡単に言えば「お金の動きを集計すること」と言える。その集計結果をIR情報として公開する目的は、投資家に企業の将来性を判断してもらうこと、だろう。企業は財務諸表と呼ばれる所定のフォーマットで集計結果を公開している。財務諸表とは、貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書の3つを指す。

続きを読む

証券アナリストの勉強

証券アナリストとは

さて、入門書に従って簡単な企業価値計算をやってみたところで、その計算方法に対して疑問が沸いた。なぜ企業の決算書の特定の数字を引っ張ってきて足し引きするだけで、企業価値(妥当な株価)が算出できるのか。入門書を読むと、どうやら「証券アナリスト」なる資格(職業?)があるらしく、証券アナリストさんは必死に企業価値を計算しているらしい。ということは、その資格の勉強をすれば企業価値計算の本当の意味が理解できるのではないか。安直だが、調べてみた。
証券アナリストとは、「証券投資情報の分析と投資価値の評価、情報提供、投資推奨、投資管理をする人」だそうだ。…いかにも胡散臭い。が、どうやら株式市場では大活躍しているみたいで、「アナリストレポート」なるものが世の中には溢れかえっている。たとえば、アパマンショップのレポートなど。これを作っているのが証券アナリスト、ということらしい。アパマンショップのレポートは東京証券取引所のWebページにリンクが有って無料で読めるのだが、中には有料で公開されているものもある。専門家に従っても専門家は責任を取ってくれないし、専門家も自信を持っているなら自身で投資するだろうと思うので、私としては証券アナリストに需要があることには違和感があるが、ある程度需要があって成り立っている職業なのだろうから、ある程度は信頼しても良さそうである*1

*1:くどいが^^;

続きを読む

簡単な企業価値計算方法

企業価値計算

以下の本に企業価値計算の簡単な方法が載っていた。簡単ではあるが、なぜそのような計算をすれば良いのか、という視点で読むと疑問だらけ・・というか意味不明なので、そこは後日勉強することにして、今回はその計算方法をまとめることにする。

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

続きを読む

読書感想3:新しい株式投資論ー「合理的へそ曲がり」のすすめ

いきなり結論

株の奥深さを覗くには良い本。株がいかに難しいか、どういう研究がされているか、散文的に書かれている。専門用語が多く、読みにくい。浜松市なら図書館にあります。  

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書)
 

 

続きを読む