株について1から勉強するブログ

理系職サラリーマンの独学経路の記録。先生は本(だいたい図書館)とネット。

読書感想3:新しい株式投資論ー「合理的へそ曲がり」のすすめ

いきなり結論

株の奥深さを覗くには良い本。株がいかに難しいか、どういう研究がされているか、散文的に書かれている。専門用語が多く、読みにくい。浜松市なら図書館にあります。  

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書)
 

 

 

読んだ目的ときっかけ

株の勉強についてマイルストーンを得たかった。

きっかけはヤフー知恵袋

3.『新しい株式投資論』(PHP新書

使われる用語は難しいのですが、株式投資を考える良い一冊になると思います。 まぁ新書で安いんでとりあえず買ってみてはどうでしょうか。

株の勉強をするために読むべき本を教えてください! 新しく株をはじめようと思っ... - Yahoo!知恵袋

わかったこと

  • 効率的市場仮説は嘘っぱち。(市場参加者は多様である)
  • 市場が効率的でないため、分散投資するのが良い(ポートフォリオ理論)。
  • アノマリーの概要
  • 株式市場に関する行動学的アプローチの概要

わからないこと・興味

  • 上記「わかったこと」に関する詳細

感想文

最初に抱いた感想。読みにくい。用語がわからない。眠たくなる。

しかし、自分の知っている内容についてはすんなり理解できた。他の本を読んだ後に読み返すと、多少読みやすく感じた。おそらく、ある程度の知識がある人に向いていると思う。

内容自体は概論に終始しているので、 さわりを掴む程度しかできないが、本1冊でさわりを掴めるだけでもありがたい・・と感じられるほどには、奥深さを見せてくれる。良い本だと思う。

 

新しい株式投資論―「合理的へそ曲がり」のすすめ (PHP新書)