株について1から勉強するブログ

理系職サラリーマンの独学経路の記録。先生は本(だいたい図書館)とネット。

雑談:どこまで勉強したっけかな

会計編2を書いていたら思いの外時間がかかっている(まだ完成してない)ので、休憩がてら雑談でも。

ブログをはじめて1週間

まだ1週間しか経っていないのだけど、、、
今ブログに必死に書いている内容を勉強したのが数週間前であり、勉強しながら書くというよりは、ちょっと後ろに戻って思い出しながら書く感じになっていて、いい意味でいえば復習なんだけど、早く勉強中のホットな内容にブログを追いつかせたくて、もどかしい。
書いてみると意外と時間が掛かる。日本語も変だし。文章を書くのがこうも難しいとは思っていなかった。やっぱり仕事で書く文章とは違うので難しいのだと思う。仕事では長文をダラダラと書くことはせず、伝えるべき内容を端的に表す、それこそ日本語をいかに短くするか…という観点で言葉を探して、もちろん誰が見てもある程度の理解ができるよう心がけるのだが、まぁ、このようにダラダラとは書かない。そして、適切な言葉を探そうとするとより深い理解が要求されることも、作文が難しい理由だと思う。本で読んだ表現以外に適切な表現が思い浮かばないのだ。そこに苦労するということは、深い理解を得るべく勉強するということなので、非常に有意義なのだが。ちょっともどかしい。
という風に、たった1週間、たった11投稿ではあるが、思うことはある。今まで読んだ参考書(ほぼ全て新書や入門書だが)の著者は頭が良いのだなぁと。

今、どこまで勉強しているか

今どこまで勉強しているのか、ちょっと記録しておきたい。
会計について、以下3冊で勉強している。3冊目が読み終わっていないので、継続中と言える。(が、あとは税効果会計の話だけ)

カラー版 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>

カラー版 会計のことが面白いほどわかる本<会計の基本の基本編>

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

財務3表一体分析法 「経営」がわかる決算書の読み方 (朝日新書)

この3冊だけでも手に余るというか、もうここで勉強やめても社会人としてはなんとなく有利になった気になれるというか、そんな気分である。仕事に何か活かせるかというと、経費を使うときに慎重になれるかな・・という程度だが。これらの本には会計の話だけでなく、株式会社の何たるかが書かれており、株主の負担するリスクとコスト、それに対応する会社側の資本コストなど、要するに会社側としては株主に対してリスクプレミアム*1を与えるべく業績を上げなければいけない…ということが書かれている。ただひたすら会計の仕訳がどうだの科目がどうだのという話だけが書かれているかと当初警戒したが、全然そんなことはなく面白く読めた。ので、なんとなく満足してしまったのである。仕事にどう活きるかは微妙なところだが。しかし、私の勤務先は典型的な製造業だが、製造原価の計算や営業の持っていく利益の載せ方など、色々興味が沸いた。興味を持つのはたぶん大事だと思うので、これは良いことだ。きっと。
あとは、今、以下のファイナンスの本を読んでいる。
道具としてのファイナンス

道具としてのファイナンス

半分くらい。企業価値計算の方法を読んで、早くもブログの落とし所をどうしようかな・・と悩んでいる。というのは、企業価値計算のキモは、結局リスク評価と業績予想なのだ。当たり前なのだが。これを、ある程度の確率で当たるような自動算出ができないかな、と悩んでいる。まぁその方法が有ったとして、ワタシ流にはなるのだが。今のところ、まだその点については結論を出すのを控えようと思っている。というのは、以下の本も読みたいから。
証券投資論

証券投資論

この本、図書館に無かったのでアマゾンで買った。マーケットプレイスで1円(送料250円)。ちらっと読んだら、大学時代を思い出すほどの教科書調で、これをアフターファイブの1・2時間を使って勉強するとなると、しかも子育てしながら・・というとどのくらいの期間掛かるのか、恐ろしいものである。とはいえ、全部読んでから記事を書くことはせず、読みながら思うことを書いていき、将来的に記事を見なおして間違いがあれば訂正すればいいかな・・というくらいに思っている。
あとは、橘玲さんの新書に参考文献として紹介されていた本も読みたいと思っている(未着手)。会計編が終わって、ファイナンス編(をやろうと思っている)が進んだところでサブ本として読めればいいかなと。実は、橘玲さんの「ゴミ投資家」シリーズを少し読んでいるのだが、これまた文章が上手い。
という風に、とにかく読みたい本・興味があふれんばかりである。時間がほしい。


と、時間切れにつき、ここまで。
記事を投稿しない日が続くと少し悲しいので、雑談と称してどうでもよいことを書いてみた。チラ裏。

*1:リスク相応の配当